2017/3/29 改稿

鯛罪パラディンを使用していましたが 七つの鯛罪 の起動が最速で10ターン目と非常に遅く、vsコントロールメタのはずがメタとならないことが多く悩んでいました。

そこにkolentのハンドバフミッドレンジパラディン(http://hearthgamers.com/decks/rank_match/id_2133)が目につき、うまく生かせないかと考えて出来たのがこのデッキです。

ミニオンを並べて殴り勝つAOEを採用していないという点からミッドシャーマンが非常に苦手です。ローグもきついです。代わりにバフによるステータスの底上げでレノを採用するデッキには強く出ることができます。アグロデッキには下記の説明にもありますが1t目からミニオン展開をしていき盤面を取られるので苦手です。

ハンドバフの特徴としては初めにハンドバフをしないといけないため、相手にミニオンを展開させる隙を与えます。そして従来のハースストーンは展開したミニオンにバフを付与したり、呪文・武器で相手のミニオン除去をしたりと自分のミニオンを守ります。相手はミニオンを生かし、展開することを持続的に行いますが、ハンドバフは「その時の手札のミニオン」にしかバフがかかりません。こちらは上手くいなされると「バフの切れた通常のミニオン」しか出せず結局強みを発揮できないのです。なので私はステータスの高いor即効性のあるミニオンの採用がいいと考えています。

採用カード: センジン・シールドマスタ  チルウィンドのイェティ  でいいと思います。 アージェントの司令官  を採用していたのですが6コストが使いにくいと感じ外しました。 サー・フィンレー・マルグルトン  飛刀手流忍者・六丸  のハズレにはなりますが便利なので採用しています。

マリガン: 運び屋の走り  グライムストリートの道具屋  を探しに行きましょう。(1枚握っていれば十分です。)後は序盤に出せる2,3コスのミニオンをキープです。( マーロックの戦隊長  はキープしません。 ブルーギル・ウォリアー  は今は見当たりませんが2点の除去が必要な相手ならキープします。)

   ー最高に楽しいハンドバフライフを!ー