マリガンについて

インペリアル・ゴーレムは初手でリーダーカードとプレイするため全マリガン。ナウジカ旅団、大使は序盤で腐るカードなのでできれば返したいところ。ヴィコヴァロの低級魔道士については、使者、あるいは大使が相手の場に残っており、かつ自分の手札にそれらがない場合にアドバンテージを取ることができるが、ゴーレムを必ず返さないといけないマリガンにおいて非常に邪魔なカードとなるため不採用。

シルバーカードの採用理由

ガーディアンは1,2ラウンド目にプレイすれば、相手の次のマリガンで必ず不要なゴーレムを押し付けることができる為、コンボデッキおよびコントロールデッキに有利が取れる。

天候カードは個人的に2枚以上採用しておけばマリガンで表示されやすく必要な場面でプレイしやすいと感じた為、ラグナログに加えスケリッジの嵐を採用。

オーケスは、ハーピーの卵の遺言を発動させないまま破壊したり、継戦状態のユニットに対して打つと、効果は顕著に出る。

ヴァンヘマーは2枚目の《晴天》であり、3枚目の天候カードであり、相手の予想しにくい打点カードでもある。

カンタレラは特に、相手がこちらより優勢で、自分がパスを検討している時、このカードをプレイすることで自分が手札を減らすことなく、相手がもう一枚手札を出さざるを得ない状況となり、次のラウンドを有利に運べる。