7/29にゲームデザイナーのMatthew Place氏と、有名配信者のSean Plott氏による公式配信で公開された新カード11枚をまとめて掲載します。

Matthew Place氏(左)、Sean Plott氏(右)

Snowflipper Penguin(中立)

Shadowblade(ローグ)

  • ステータス: 3/3/2
  • テキスト: 雄叫び: このターン自分のヒーローは無敵。
  • ローグの体力を守りつつ除去できるカード。
  • 無敵効果は雄叫びのため、「使用後に武器を付け替えても効果は持続する」ものと思われます。  愚者殺し  ドゥームハンマー  が使えることがある、盗人ローグに入れてみると面白いかもしれません。

Defile(ウォーロック)

  • テキスト: 全ミニオンに1ダメージを与える。いずれかが死亡した場合、この呪文を再び唱える。
  • ミニオンの体力が3,2,1と並んでいた場合、全ミニオンが破壊されるまでこの呪文が使用されるようです。
  • 呪文ダメージ強化ミニオンとの関係が少々気になります。  ブラッドメイジ・サルノス が場にいる状態で使用した「初回の」Defileは2ダメージとなるはずですが、サルノスが死亡したことで連続使用するDefileも2ダメージとなるのでしょうか。

Cryostasis(シャーマン)

  • テキスト: ミニオン1体に+3/+3を付与し、凍結させる。
  • 攻守両方に使えそうなカードです。挑発持ちの味方ミニオンに使用するといった用途が考えられます。

Moorabi(シャーマン)

  • ステータス: 6/4/4
  • テキスト: 他のミニオン1体が凍結する度、そのミニオンのコピー1枚を自分の手札に追加する。

Eternal Servitude(プリースト)

  • この対戦で死亡した味方のミニオン1体を発見する。それを召喚する。
  • 「手札からプレイ」することにはなりませんが、雄叫び効果は発動するのでしょうか。  復活  オニキスのビショップ  の場合は発動しないので、同様の処理となる可能性が高そうです。
  • 「この対戦で死亡した味方のミニオン」には、  精神支配  等でコントロールを奪い、自陣で破壊された敵のミニオンも含まれます。そのため状況次第では  ティリオン・フォードリング  を4マナで召喚、といったことも可能です。

Doomed Apprentice(メイジ)

  • ステータス: 3/3/2
  • テキスト: 相手の呪文のコストが(1)増える。
  • いつか私もあなたみたいにッ…! ( 魔法使いの弟子 )の闇堕ちバージョンと言えます。

Prince Valanar(中立)

  • ステータス: 4/4/4
  • テキスト: 雄叫び: 自分のデッキに4コストのカードがない場合、生命奪取と挑発を得る。
  • 公爵シリーズの最後の1人です。発動条件の割に効果は控え目でしょうか?

Dead Man's Hand(ウォリアー)

  • テキスト: 自分の手札のコピー1枚を自分のデッキに混ぜる。
  • デッキ切れを狙うファティーグウォリアーが誕生するのでしょうか…?

Spreading Plague(ドルイド)

  • テキスト: 1/5の挑発を持つスカラベを1体召喚する。相手の場のミニオンが自陣よりも多い場合、この呪文を再び唱える。
  • 連続使用呪文第2弾です。  キングを守れ!  キングを守れ!  のように機能します。

Frost Lich Jaina(メイジ)

  • ステータス: 9/5
  • カードテキスト: 雄叫び: 3/6のウォーター・エレメンタルを1体召喚する。自分のエレメンタルはこの対戦中生命奪取を得る。
  • ヒーローパワーテキスト: 1ダメージを与える。ミニオン1体を破壊した場合、ウォーター・エレメンタルを召喚する。
  • 雄叫びでダメージを与える場合にも生命奪取は有効なのでしょうか。だとしたら、ブレイズコーラーなどで盤面にミニオンがいなくても回復できることになりますね。

今配信の録画は以下で確認できます。