※更新履歴

12/18 リストの大幅更新(Ver2.0に)

12/20 ナーフ対応を兼ねたリスト微調整(Ver2.1)

旧Verのリスト(Ver1.0)→AAECAR8MuwXW7ALX/gKggAObhQO9mQPrngP4rwOIsAP8sAPYsgOftwMJtQPbCd6CA6SIA+aWA+SkA46tA/6vA4KxAwA=

(Ver2.0)→AAECAR8KuwXW7AKggAPJiQPrngOHsAOIsAOCsQPYsgOftwMK3gTbCdf+At6CA6CFA6SIA7acA+SkA46tA/6vAwA=

Introduction

ハースストーンは今 悪夢の融合体  が強いらしい。コレを各種族の混合構成で各種種族シナジーをふんだんに使ってたくさん育てれば勝てるゲームらしい。ふむふむ、今はそんな環境になってるんだねー!

…え?それはバトルグラウンドの話だろうって?いやいやそんな、後から追加されたおまけモードでの鉄板がゲーム本編(?)でも使えないわけが無いじゃあないですか!!!

12/20追記

BGから遂に 悪夢の融合体  が追放されてしまったのでスタン落ち前の供養デッキにもなりそうです。なむ…。

テーマ

と言うわけで、今回は様々な種族シナジーの恩恵を受けられるのにイマイチ環境では採用されることのない 悪夢の融合体  を軸に、個人的に大好きな エメリス  を組み合わせた【種族混合OTKハンター】でコンテストに挑むことにしました。そろそろ入選じゃなくて入賞したいです。はい。

今回の拡張で追加された フリズ・キンドルルースト  によるドラゴンのコストダウン、 電設ロボ  によるメカのコストダウンを活用すれば、元々のコストが3と安い 悪夢の融合体  のコストを容易に0にすることが可能になり、またスタッツも3/3/4と標準値を持つことで エメリス  を一回打つだけでも十分なバフになり、そして獣のコピーが出来る 狩猟団  を活用して数を増やし、最後に獣に突撃付与をしてくれる ツンドラサイ  で全てを顔面に飛ばす…そんなOTKデッキになっております。

好きなカードであり、面白い事ができそうになった 悪夢の融合体   エメリス  を中心とした種族混合構成…ワクワクしませんか?え、しません?するでしょ!?

解説

基本及びVer1.0までのもの

これまで 狩猟団  を絡めたOTKデッキでは スカーレット・ウェブウィーヴァー  でのコストダウンが必要なパターンが多かったのですが、元々のコストが低い上に手札に居ても居なくてもコストダウンが容易になったので今回は不採用に。

また、今のカードプールでは急襲関連ミニオンが比較的優秀であり 砂漠の槍  も採用したので 露払い  も投入。初動は重いものの、3マナからはかなり動きやすくなっています。優秀な急襲ミニオン/トークンに加え、 猟犬を放て!  との相性も良い ヴェラナス  も採用。6マナの攻撃寄りバニラスタッツに 平等  の上位互換能力が付いてるんだから弱いわけがない。しかもドラゴンなのでコストダウンも出来るし ドラゴンブリーダー  でコピーも出来る。素晴らしい!

全体的に雄叫びミニオンが多く、またそれらが軒並み優秀な上にコスト面でも同時に展開することが可能である バリスタのリンチェン  も採用してみました。大半の雄叫びミニオンはコピーすると旨味が強いので、盤面のキープさえ出来ればどんな時でもいい仕事をしてくれます。ただ彼女自体が少々重めなのがネックなので、 若き酒造大師  とかでも十分かもしれません。

他には発見が出来る上に軽くて悪くないスタッツと猛毒を持つ 始祖探検竜  を採用。序盤から終盤までうまく猛毒で誤魔化しつつ、さらなるドラゴンシナジーを狙ったり 悪夢の融合体  を狙ったりすることも出来ます。

マーロックをも採用するかどうかは少々悩みましたが、現時点では見送り。 美味しいマロバルーン  あたりは種族バランスの調整次第では入れるかもしれません。テーマ的にもどうせなら種族多くしたいですしね。他には スカイフィン  あたりも密度によってはアリかも。

運がよければ エメリス  を複数回発動させることも狙えなくはないですが、無理に狙うほどでもないか。 悪夢の融合体  4枚を1回バフするだけでも24点+4点(倍化した ツンドラサイ )+2点(ヒロパ)まで狙えます。無論、ある程度のコストダウンが前提ではありますが。

そこまでいかずとも、中盤は割と顔面に打点を飛ばせる場合があるので全てのパーツを綺麗に揃えなければ勝てないという訳でもありません。もちろん決まった時は痛快ですが。

何よりも使っていて楽しいのは獣・メカ・ドラゴンを繰り出しつつ、それらのシナジーカードをチラ見せすることで相手が考え込むのが楽しいですね。そういった意味での意表を突けるのも環境で採用されないカードを軸に据える醍醐味なのです。

Ver2.0改訂版

初期リストより大幅に入れ替えを行いました。

1.0からここまでの調整の過程では真っ先に ズルジン  獣の相棒 などのリストラ、 スプリングポー の採用、他には 美味しいマロバルーン  の試用などを諸々行ってみましたが、現在はこの形で様子見をしながら回しています。

現在のこの形では 露払い  を思い切って外してみました。あったらあったで強いですが、急襲カードが 急降下グリフォン  の兼ね合いで引く時は固まりがちになり、腐る場面も多く見受けられたからです。

変わって クマトロン  などのメカを採用し、 電設ロボ  を状況に応じて使いやすくした上で積み増し。 ドラゴンベイン  もコストダウンが可能なので取り回しは割と良いが、除去として見るにはやはり不安が残るのが悩みどころ。顔面プレッシャーを与えられるという点や優先して除去してくる点を活かしきれなければ差し替えてよさげ。

また、 クマトロン  の採用により多少デッキの回転は上がりました。代わりにコストダウン前の 悪夢の融合体  を引かされたり、それ対策に積み増しした 電設ロボ  を引かされてがっかり…という事もしばしば。

呪文の採用枚数が大きく減った為、 ご主人様の呼び出し  でのサーチ能力が落ちたのが痛いところではありますが、最終打点の底上げとトレードの強化、場合によっては他のリーサル手段ともなりうる 森林オオカミ  を2枚採用。 スプリングポー  が登用されている事もあり、場合によっては3ドローも狙えなくはありません。

1枚だけ入っている ひ弱なヒナ  は獣密度が上がったのでちょっとイマイチなところがあり、現時点での交換枠筆頭ですが意外といい仕事をしてくれる事もあるのでひとまずは入れたままに。コストダウン前に 悪夢の融合体  を引ききってしまった場合の保険や、単純な獣の取り回しの向上を目的として入れていますが、0コスになった 悪夢の融合体  に飛ぶこともあるので一長一短か。 電設ロボ  の出しやすさは上げてくれているので、メカと獣のバランス次第では候補には入るという印象が今の所強いです。

これら追加された軽量の獣の枠は直前までは 美味しいマロバルーン  などでした。こちらも立ち上がりからのマナカーブさえ整っていれば致命的なまでに弱い序盤のテンポを補えるだけの力はありますが、ドラゴン密度が低いこともあり一旦リストラ。OTK打点もかなり伸ばせますが、急襲に獣が多い事から 森林オオカミ  とバトンタッチ。 ラムカーヘンの野獣調教師  も調整の度に入れたり出したりしていましたが、 森林オオカミ  や1/1/1トークンなどが手札で眠ると腐るのが気になったので、現在はベンチを温めています。

一旦は ドラゴンブリーダー  バリスタのリンチェン  といったコピーカードを外しましたが、再登用する隙間はありそうです。特にデカブツがよく並ぶこの環境で ヴェラナス  始祖探検竜  を再利用出来るのはなかなかに大きく、やっぱり欲しいなと思わせてくれます。 バリスタのリンチェン  は好きなカードなので特になんとかねじ込みたいですね。

なお、現在の種族比率は 悪夢の融合体 を除いて「獣8/メカ7/ドラゴン4/無種族2」となっています。実際には呪文や武器によるトークンが居るので盤面上の獣濃度はもう少し高く感じるでしょうか。ドラゴンも発見により割とお世話になります。 始祖探検竜  ループが出来れば中盤までは無理やり誤魔化せるのも○。

Ver2.1改訂版

上に挙げていた ひ弱なヒナ  のリストラに加え、非常に悩みましたが単体でヘルス5が抜けなくなってしまった 無貌の変性者  もOUT。代わりに再度 ドラゴンブリーダー   バリスタのリンチェン  をIN。

前者はともかくやはり後者は優秀な雄叫びミニオンの回収を狙いつつ4/5が置けるというのはありがたい。 スプリングポー  との同時展開で ヴェラナス  に繋げる動きも強力で、特に発見などで複数枚獲得出来ている場合の除去のしやすさを上げてくれるほか、武器をミニオンに振る頻度を減らせるためじんわりとフェイスの消耗も和らげてくれるのがありがたい。もちろん単純にコストダウンカードを使いまわしたり発見を使いまわしたりという動きも強く、様々な場面で活躍中です。ハンドが枯れにくくなるため、発見で トワイライト・ドレイク  を持ってきた時も使いやすさが上がったように感じます。流石に直接投入は厳しいですが。

ナーフを受けた 無貌の変性者  はそれでもなお強力ではありますが、ナーフ直前から抜いてみてなんとかなっているのでそのままOUTで様子見。

コピーカードも優秀ではありますが、デッキの回転率を上げるカードを採用するのも無難かなぁとは思いつつ、やっぱり好きな バリスタのリンチェン  は使いたい…と考えた結果の形です。まだまだ改良の余地はありそうですねえ。

雑記

初版

実のところ、実はまだ構築を詰めきれていません。なので締め切りギリギリまで調整し、随時更新していく予定です。

現時点の調整の課題は呪文とミニオンのバランス、ひいては ズルジン  の採用有無、各種族のバランス、デッキ圧縮・サーチ・ドローの調整などなど…といったところでしょうか。入れたいカードが多すぎて取捨選択が難しい!でもこれこそが「あぁ、俺デッキビルドしてるんだなぁ…」と感じられる幸せなひとときです。伝わる人には伝わると思います。たぶん。

というわけで、とりあえずは基本テーマの発表という形です。被り抑止コレ大事!

ちまちまと更新していきますので、ちょくちょく覗いてやってください!

Ver2.0

色々と迷走しながらの暗中模索となっていますが、概ねの形は見えてきた感じはしています。

秘策ハンターに寄せた構築なども考えましたが、種族シナジーが薄れてしまいそうなので今回のコンセプトには合いそうにないので見送り。そのタイプは試す時間があればコンテストが終わった後にでも投稿しようかな。

あ、テンポプレイで 悪夢の融合体  を切る時は 偉大なるゼフリス  からの 飢えたカニ  には気をつけましょう!何度か喰われました!