皆様こんにちは、Patriarckskです。今回もコンテストということで執筆します。

タイトルが「突撃せよ!」ですが、決して ウォーソングの武将  をフィーチャーしたデッキではありません。今回は 砕けざるガラクロンド  の雄叫び能力を活かすことを目指したウォリアーのデッキです。ところで、いつぞやから「絶対無敵」という厨二病感あふれる肩書きが「砕けざる」に代わっていて、私は少し残念に思っています。

当初は「海賊ウォリアー+ 砕けざるガラクロンド のヒロパ」を用いて序盤から押し切るデッキを考えていました。このアイディアの下で、たくさんの海賊と最低限の祈願用ミニオンを詰め込み、祈願によって得られる攻撃力3を全力で相手の顔面にぶち込む、という戦闘狂ゴリラみたいなデッキを考えていました。ただ考えていく途中、ふと「 砕けざるガラクロンド の雄叫び能力をフィーチャーしたデッキってあまりない気がする」と思い、そこからアイディアを練り直して作ったのが今回のデッキです。

 砕けざるガラクロンド  に4回祈願すると、その雄叫び能力が「ミニオンを4枚引き、それらに+4/+4を付与。さらに5/2武器を装備」となります。ウォリアーの場合は、7マナで実質+16/+16バフをしているのと同値です。そしてバフと相性がいいのは、ボードに出てすぐに殴ることのできる突撃・急襲能力です。また突撃ミニオンに+4/+4バフが乗れば、いきなりリーサルを狙える局面にもなりえます。本デッキはその点を最大限に活かそうとしたデッキです。

デッキのコンセプトは非常に簡単です。

コンセプトの仕様上、このデッキはアグロデッキにはなりえません。ミッドレンジ~コントロールくらいのスピードを意識して運用します。ゆえに序盤は相手と対等に渡り合うこと、中~終盤は捲り返して勝利することを目指します。以下からは、各カードの採用理由について記述します。

  •  砕けざるガラクロンド  :本デッキのキーカード。コンセプト通りの運用を目指します。できるだけ突撃を持つミニオンにバフが乗るように願います。しかし急襲持ちミニオンでも充分強いです。真価を発揮できるよう、採用ミニオンは優秀なものに絞っています。
  •  クロンクス・ドラゴンフーフ  砕けざるガラクロンド  を引く用。コンセプトの仕様上 砕けざるガラクロンド を引けなければジリ貧のデッキになるので採用は必須です。既に 砕けざるガラクロンド  に変身していればより強力です。
  •  心血注ぐ献身者  ガラクロンドの盾  :祈願用ミニオン。祈願による攻撃力3を忘れないようにしましょう。 心血注ぐ献身者  は急襲持ちゆえに 砕けざるガラクロンド  のバフとも相性がいいです。どうでもいいですが、「龍王様に柔らかいお肉を~!」の声が私は非常に好きです。なのでタイトルにそのセリフらしきものを突っ込みました。
  •  目覚めよ!  :あまり強いカードではないですが、祈願カウントを進めるために投入しています。稀にアグロデッキに刺さります。
  •  儀式用斧  :雄叫びターンにしか強くないのであまり入れたくないですが、祈願カウントを進めるには必須カードです。雄叫びターンではできるだけ相手の顔面に4点を入れたいところです。 砕けざるガラクロンド に変身した後であれば、装備の雄叫びとヒロパで7点になることも忘れずに。
  •  破滅の御子  :3/3/2急襲×3としてのみ使います。それができない上に相手に押されている時は負け確定です。祈願カードが8枚あるので比較的安定して強い運用ができるはずです。 砕けざるガラクロンド のバフが乗れば3/7/6急襲×3という化け物じみたミニオンになります。
  •  お触れ役 :本デッキにたくさん投入してある急襲ミニオンを引くためのカード。 砕けざるガラクロンド のバフが乗らなくなりますが、そのバフはできれば突撃持ちのミニオンに乗せたいので採用しています。デッキ圧縮につながるので、 砕けざるガラクロンド  を引く確率を上げることにも貢献します。
  •  ヘンチ・クランの騎豚 :急襲持ち、かつ最序盤の盤面処理用です。当初は 叩きつけ が入っていましたが、カードを引くよりも序盤の盤面処理を重視するために変更しました。このデッキを何度か回すと分かりますが、自ヒーローの体力がとにかく減りやすく、前のめりなデッキに当たると悲惨なことになります。その悲惨さを少しばかり軽減してくれます。
  •  ジリアックス  :数多くのデッキに入っている万能ミニオン。本デッキでは急襲だけでなく、生命奪取能力もアテにして採用しています。前述したとおり、本デッキは自ヒーローのライフの減りが速いため、回復要員が欲しいところです。 シールドブロック  などでも代用は可能ですが、 ジリアックス の真価は 砕けざるガラクロンド のバフが乗った時に発揮されます。いきなり生命奪取で7点回復、相手の攻撃次第でさらに7点単位で回復など、捲り返し能力が非常に高いです。
  •  無貌の変性者  :ナーフされましたが、それでも5/4/4急襲×2は充分に強く、下準備さえあればあまりにも強力です。本デッキの場合、 砕けざるガラクロンド のバフが乗れば8/8急襲×2をたった5マナで召喚することができます。
  •  コルクロンの精鋭  リロイ・ジェンキンス  グロマッシュ・ヘルスクリーム  :本デッキのフィニッシャー達。コンセプトの仕様上、 砕けざるガラクロンド の+4/+4バフが乗った状態での使用を前提としています。これらは突撃を持つため即座に相手ヒーローを殴ることができ、リーサル能力が非常に高いです。できるだけこれらのミニオンにバフを乗せて勝利を目指します。 バタバタミイラ  も充分に強いですが、本デッキでは突撃を優先したために外しました。 ヘンチ・クランの騎豚  との交換もありですが、その分、最序盤の対応力が著しく落ちることになります。
  •  止めの一撃  出陣の道  乱闘  :除去呪文枠です。アグロデッキ相手には惜しみなく使いましょう。そうでなければ簡単に負けます。
  •  狂乱のアスペクト・デスウィング  :全体除去でヒャッハーする担当です。変更することも可能ですが、ゴールデンカードをゲットしてしまったので、黄金のお守りとして投入しています。

マリガンの基準は難しいですが、突撃持ちミニオンは返す、低マナ急襲持ちミニオンはキープ、 破滅の御子  は祈願カードが初手にどれだけあるかで決める、が基本になると思います。祈願カウントを進める4種8枚はできるだけキープした方がよいと思いますが、特に ガラクロンドの盾  は5マナと重いため、デッキによってキープするかしないかを変えた方がよいかと思います。というのも、本デッキはマナカーブがやや重めであり、1ターンにカードを2枚プレイするのが見た目以上に難しいからです。同様に、キーカードである 砕けざるガラクロンド  も、相手デッキによってマリガンするか否かを考えるべき重さであることには留意しなくてはなりません。

 砕けざるガラクロンド  のヒロパではなく雄叫び能力に着目して作ってみたこのデッキ、いかがでしたでしょうか?数多くの改良案が考えられると思うので、ぜひこれを叩き台として進化させてほしいです。