ドルイドの新しいデッキを環境入りさせたい!

 新拡張がリリースした直後、そんなコンセプトのもとこのデッキは誕生しました。

魔古ナーフによって横並びが動きやすくなった今、こういったデッキでも意外と勝てることが発覚したため、マジレスデッキが跋扈する昨今ですがおもちゃで遊びたい逆張りオタクのみなさんにひとしおのスパイスを提供すべくこのデッキを投稿させていただきます。

デッキの解説

【コンセプト】でっか化

 でっか化の特徴

 メリット デッキのミニオンに+2/+2のバフ

 デメリット マナコストが1上昇する

 

 これらをどう活かすかを考えると、バフは突撃ミニオンと相性が良いが、活かすにはドローギミックがあったほうがよさそうです。マナコストの増加に関しては、もともとzooのようなマナカーブのデッキにすれば、でっか化を使っても「マナカーブが整う」程度にデメリットを抑えられると考えました。

【デッキのギミック】

 1マナミニオン

 現環境のドルイドでは、なんと1マナ2/2という破格のスタッツを持つミニオンを4枚も採用できます。すごい!

 苦痛の侍祭 初級エンジニア

 侍祭はバフ後に大量ドローを期待でき、エンジニアは3/3と及第点のスタッツになります。隙がない!

 海賊パッケージ

 でっか化しながら普通にテンポが取れます。また、でっか化したパラシュート・パイレートを踏み倒すととんでもない盤面ができます。声を失ったパッチーズも驚嘆の声を上げていました。

 マーロックパッケージ

 突撃マーロックを確定サーチできます。2回でっか化すると4マナリロイが2体?!

 番人スタラドリス

 逃げ木部隊と合わせると、野生の力と合わせて攻めに守りに活躍できるカードです。

【マリガン】

 でっか化を全力で探しましょう。でっか化が必須なのか、バトルメイジ程度でも戦えるのかマッチアップを見極めるのが腕の見せ所です。

【実際に使ってみた感想】

 でっか化を引ければかなりの爆発力があり、環境デッキにも意外と善戦してくれました。でっか化を引けないときも昔のアグロドルイドのような懐かしさを感じられます。刺激を求めるオタクの皆さんはぜひ試してみてくださいね。 おわり