「墓のルーンで断末魔をつければ、どんなミニオンでも正体不明の怪人でコピーできる……? じゃあマナ・レイスを増やすしかねぇよなぁ!?」

…… 墓場の怪異  とかじゃないんですか?

【はじめに】

前回のコンテンストに引き続き参加させていただきます、毒屋群青と申します。よろしくお願いいたします。

【概要】

ドラゴン大決戦で登場したプリーストの呪文である  墓のルーン 「ミニオン1体に 「断末魔: このミニオンの コピーを2体召喚する」 を付与する」という効果を持っていますが、この効果以上に重要な点として「この呪文がかかったミニオンは、断末魔ミニオンとして扱われる」という効果があります。つまりは断末魔ミニオン化ですね!

あくまでバフによる断末魔ミニオン化なので、「じゃあ 頽廃させしものン=ゾス  で復活できるのか?」と言われるとそれはNOなわけですが。

しかし、この断末魔ミニオン化を最も有効に活用できるのが、同じくプリーストのミニオンである 正体不明の怪人  です! 彼は「雄叫び: 味方の断末魔を持つ ミニオン1体の 2/2のコピーに 変身する」という能力を持っており、つまり「墓のルーンさえかければ、どんなミニオンでも怪人でコピーできる」ということになります。

このコンボが実際に使われている場面では、  墓場の怪異  をコピーすることが多いみたいですね。実際に対戦で何度か遭遇したことがあります。

……確かにそれはかなり強いムーブです。返す手段がなければそれだけでゲームセットでしょう。ですが、私が増やしたいミニオンは別にいます。

……そう、「全ての ミニオンの コストが (1)増える」という能力を持つ マナ・レイス  ! 君に決めた!!

「マナ・レイスを盤面に増やし続けてミニオンコストを増加させ、相手がミニオンを展開できなくさせて勝利する」

これが今回のデッキのコンセプトです……! ヒュー! 陰湿!!

【デッキ動画】

今回もYOUTUBEにデッキ動画をご用意しましたので、そちらをご覧ください。

※YOUTUBEがなぜか見れない人向けのツイッター動画リンク

※初見でこの動画を見る方向けの説明

・2分ちょっとのわんぱくクソデッキ

筆者が3年半ぐらい前から活動している、変なデッキを作って動画化して紹介する「わんぱくクソデッキ」という動画を、ツイッター用に2分ちょっとの短い動画にしたもの。尺が短いので気軽に変なデッキを投稿できるのがポイント。

※今流行りの、ネクリウムの薬師をいれたローグデッキの俗称とは関係ないです。念のため。

・精神支配ちゃん

この動画の解説役その1。プリーストの呪文である  精神支配  の擬人化。変なデッキを作って遊ぶのが趣味。

全体的に情緒不安定で怒りっぽくメンタル面に問題があると思われてたが、先日の人間ドックでお医者様への紹介状をもらうレベルで肉体面でも問題があることが判明し、涙した。

・埋葬くん

この動画の解説役その2。プリーストの呪文である  埋葬  の擬人化。変なデッキを作って遊ぶ↑のヤツに無理やり付き合わされている悲しみのミイラ。

↑の変なヤツと違って真面目だが、色々とすけべだったりする。あとアンデッドなだけに健康の話題が噛み合わないのが難点。

・擬人化マナ・レイスちゃん

文芸部に所属してそう(そして文芸部を崩壊させてそう)な雰囲気を醸し出す、  マナ・レイス  の擬人化。

今回のデッキにナンバリングがついてるのは、元々去年やった同じ趣旨のデッキの新拡張版で、この擬人化イラストは本来そこで使う用だったもの。ただ、イラストを用意するのが大変だったので全てボツになったという悲しさの象徴。

なので動画の背景イラストに出てくるだけで、本人の出番はとくにないです。

【ドキドキマナ・レイス!2・解説】

基本的にはバフプリです。なるべく優先して  マナ・レイス  に各種バフをかけていき、  墓のルーン  をかけて  正体不明の怪人  で増やせたら万々歳です。それらを更に  鮮明なる悪夢  真言・複製  で増やせたら最of高でしょう!

相手がバフの乗ったマナ・レイスを倒すのを躊躇し始めたら、  大祭司アメト  を召喚しながらマナ・レイスを相手のミニオンにぶつけたり、マナが許せば  凄惨な再生師  でセルフ破壊していきます。断末魔で増えたり  防腐の儀式  でつけた蘇りで復活したマナ・レイスは、アメトの効果で体力がアメトと同じになるので、タフなミニオンがズラッと並ぶことになります。

※ただし悪夢や複製で増やした場合は、アメトの体力と同じにならないので注意

あとは相手がコスト増加でミニオンが出せずに手間取っている間に勝負を決めます。  内なる炎  神授の霊力  をいれてるので、カードさえ揃えば一気にリーサルです。

マナ・レイスにバフを優先と最初に書きましたが、もちろん戦況次第で臨機応変に対応することが重要です。  ノースシャイアの聖職者  倍増する腕  傷を負ったトルヴィア  に防腐の儀式、  グランマミー  に正体不明の怪人や凄惨な再生師なども悪くない手段です。

墓のルーンがついたマナ・レイスを自分から破壊して増やすのは確かに有効な手段ですが、  乱闘  集団ヒステリー  などで除去される危険性を考慮して、墓のルーンがついたマナ・レイスをコピーして、常に盤面に1体は残っているようにしておくと良いでしょう。

マナ・レイス増殖が完全に決まった時の盤面。驚くのコスト増加+6! これはおそろしや……!

【カード入れ替え候補】

今回は  マナ・レイス  を増やしてコスト増加を狙うことに特化していますが、違うカードをいれることで新たな拡張性や応用性が出てくるかと思います。なので、デッキコンセプトになるべく適している入れ替えカード候補を上げていきます。

 悪運アホウドリ 

アホウドリプリーストでお馴染みのカード。相手のデッキを汚染してドローを腐らせます。マナ・レイスと組み合わせることで、相手のデッキに潜った1/1/1すらコスト増加で出しづらくさせるということも狙えます。

アホウドリ自体は攻撃力4と打点が高いので、攻撃要員としても有能です。

 精神を剥ぐものカーラージュ 

 正体不明の怪人  と相性よし。こちらがマナ・レイスを並べる前に、厄介なミニオンを出されてた時に有用。

 下僕採用員 

マナ・レイスのコスト増加と関係なく挑発役を出せるのが強みで、元々呪文多めの構成なので挑発役を出すのは容易なのもよし。相手はコスト増加でミニオンが出しづらくなるので、除去呪文がない場合は挑発役を倒すことすら苦労するハズ。

 交霊会 

マナ・レイスを手札に増やすのに最適。このデッキはマナ・レイスを盤面で増やす手段に長けているが、手札やデッキに増やすことを想定していないので、保険としてこのカードを入れておくのもよい。

 悪意の銀行家  はマナ・レイスのコスト増加を受けるのと、確実にドローできるわけではないのでやや優先度は下がる。

 大魔術師ヴァルゴス 

バフ系呪文も2回唱えてくれるナイスガイ。ただし敵ミニオンにもかけられるタイプのバフをヴァルゴスが使うと、敵にかけてしまったりするので注意。

 冥界の導き手 

マナ・レイスを蘇りつきで復活させるチャンスが生まれる。マナ・レイスを増やしていれば増やしているほど確率が上がる。デッキの初期段階では入っていたが、途中で抜いた、理由は……忘れた。

 ウィッチウッドの笛吹き 

マナ・レイスをドローしやすくする。ただし正体不明の怪人や  グランマミー  も同じくコスト2なので狙い通りに上手くいかないこともある。

・その他除去呪文

マナ・レイスを増やすことしか考えてなかったので、除去呪文がまったくないですね。なにかしらいれておくと安心だと思います。ハイ。

【おわりに】

バフ系デッキの宿命でもありますが沈黙や変身に大変弱く、また呪文による除去には対抗手段がないです。更に武器を握られると厳しいでしょう。

相手がミニオンの力押しで来るタイプのデッキなら勝率は高いのですが、通用しない相手にはビックリするほど通用しないので、はやいとこ神授倍々内なる炎を決めるしか勝ち目はなさそうです。

もしこのデッキを使う場合は、先述したカード入れ替え候補にあげられているものを参考に、使いやすいようカスタマイズしたほうがよさそうです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました! 良いマナ・レイス増殖ライフを!

※おまけ 去年やってた時のマナ・レイス増殖デッキ

こんなデッキばっかりやってるんだなぁ。