路上のトリックスターという処理されにくいスタッツ(0/7)と呪文ダメージのシナジーを利用した呪術医型トーテムシャーマンです。

基本的なゲームプランは邪悪な呪術医から呪文を使って展開しつつバフし、サンダーブラフ、血の渇き、原始融合のいずれかで打点を伸ばして削ります。

路上のトリックスターは相手から見ると単体では脅威がないので処理しにくく、場に居座り続けることが出来るので呪文ダメージトーテムと合わせてポータルやライトニングストームで相手の盤面を一気に崩すことが出来ます。

また、アグロデッキ相手にはアルガスで挑発を付けることで突破されにくい壁になり、ミッドレンジ相手では精霊の爪を常に3点ダメージにするためのカードとして使え、血の渇きの種にもなります。

地底よりのものが不採用なのは呪術医から挑発トーテムが複数出ること、それらにバフをしてしまえば突破されないこと、5点のダメージを継続的に入れることよりもサンダーブラフや血の渇き、原始融合による大型バフによって削った方が有効だと判断したからです。

レジェンド上位を取れるような強いデッキではありませんが、ランク5まで到達出来る程度のポテンシャルは持っているため弱いデッキではありません。ギミックが多く、トリッキーなデッキなので是非試してみてください。