【デッキコンセプト】

強力な急襲持ちミニオンである破滅の御子無謀の変性者サイの精霊で無敵にして戦うというデッキ。ついでにサイのロア・アカリも入れてヴドゥ祭感を増しました。ふざけているように見えてなかなか堅実に戦えるデッキです。

【カード紹介】

・お触れ役

言わずもがな1マナ急襲ドローカード。入れない理由が見当たらないので2枚投入。

・サイの精霊

デッキコンセプトカード。急襲ミニオンの場持ちをよくできる。「バタバタミイラ」と組み合わせるときは出すタイミングが重要。ガラクロンドの雄叫びで引くと4/7隠れ身と優秀なミニオンに早変わりする。

・ヘンチ・クランの騎豚

低コスト急襲枠、序盤のテンポを取るのに必要なカード。元々は「獰猛なスケイルハイド」を採用していたが、相手の「ファラオの愛猫」や「空の略奪者」を取れた方が強いと感じたためこちらになった。

・レッドバンドスズメバチ

低コスト急襲枠その2。「目覚めよ!」等と組み合わせて打点を出すことが多い。素点が低いので相手のミニオンを取るためというよりは、2ターン目にテンポで出すミニオンといった感じ。

・儀式用斧

祈願カード、疑似ヒロイックストライク。相手のクラスによるが、2ターン目に顔にぶつけることが多い。

・狂瀾怒濤

ドローソース。急襲ミニオンで盤面を取りつつカードを引くのが強い。蘇り持ちの「バタバタミイラ」はダメージを負って復活するので相性がいい。

・ツーデンランス

疑似ドローソース。「ゴブリンの悪の手先」で急襲を付けても「サイの精霊」の効果で無敵になる。ただし、元々が急襲持ちだと効果が乗らないので注意。

・目覚めよ!

祈願カード、弱めの全体除去。言うまでもなく狂瀾怒濤と相性がいい。ヒーローに攻撃力3が付くのでダメージ計算を誤らないように。

・破滅の御子

条件を満たせば3/9/6という破格のバリューを持つカード。「サイの精霊」でそれら全てが無敵になるので盤面制圧力が非常に高い。ガラクロンドの雄叫びや「サイのロア・アカリ」の効果でドローできれば強化された状態でふえるためより強い。

・バタバタミイラ

蘇り急襲ミニオン。特に書くことがないくらい強い。上でも書いたが、「サイの精霊」を先に出すと無敵になってしまい蘇りが発動しないので注意。蘇りが発動した後に「サイの精霊」を出すと、復活した「バタバタミイラ」が無敵で殴れる。

・心血注ぐ献身者

祈願カード。ヒーローの攻撃を合わせるとミニオンに5点飛ばすことができる。あまりコスパが良くないためテンポで出しがちなカード。

・ガラクロンドの盾

祈願カード。このデッキの貴重な挑発枠。雄叫びで3点出せると思えば5マナでも十分かと思う。

・ジリアックス

皆大好きジリアックス。急襲が付いているので「サイの精霊」で無敵になれる。ガラクロンドや「サイのロア・アカリ」のバフが乗ればより心強い。

・バリスタのリンチェン

主に「破滅の御子」を回収するカード。安全に回収するには合計8マナかかるが、リターンが大きいため終盤は積極的に狙っていきたい。祈願カード各種も回収できる。

・リロイ・ジェンキンス

フィニッシャー。+4/+4のバフが乗れば10/6となり壊滅的なダメージを与えられる。

・無謀の変性者

雑魚ミニオンを4/4に変えることができる。変身させたミニオンにも「サイの精霊」の効果が乗るので場持ちが非常によい。コストが若干重いのと攻撃が4になってしまったため1枚のみの採用となった。

・砕けざるガラクロンド

ドローソース。ヒロパが強いため祈願回数に関わらず乗せることが多い。4回祈願させると5/2の爪を装備するのでヒロパと合わせて大ダメージを与えることができる。

・サイのロア・アカリ

8/5/5と頼りないスタッツをしているが、基本的にどのミニオンに+5/+5が付いても強いため、意外に使い勝手の良いドローソースである。

【立ち回り】

マリガンの段階ではドロソとなる「お触れ役」、「ツーデンランス」を探します。2ターン目の流れとして「レッドバンドスズメバチ」や「儀式用斧」などがあると心強いです。序盤から中盤は主にミニオンで盤面を整えヒーローで顔面を殴ります。「砕けざるガラクロンド」が引けていたら積極的に使いましょう。終盤はガラクロンドの雄叫びや「サイのロア・アカリ」で引いたカードを使ってパワーで押し切ります。相手の除去を見極めつつ「サイの精霊」を置くことが重要です。

実際のリプレイをHSReplayにて見ることができるのでご覧ください。

対 海賊ウォリアー

https://hsreplay.net/replay/rJqRdUhwDMPo6pLBw3vHMD

対 ガラクロンドローグ

https://hsreplay.net/replay/dRe3qkXhHtzwHjtdSGVA3i